現金化コラム

クレジットカード現金化って違法行為なの?捕まったりしない?

投稿日:2017年10月10日 更新日:

クレジットカード現金化と聞くと、どこか危ない行為のようなイメージを受けませんか?

ネット上にはたくさんの現金化業者が名を連ねているのですが、普段の生活においては現金化なんて聞くことは無いので、ひょっとしたら違法行為なのではと言う懸念もあると思います。

クレジットカード現金化って違法行為なの?捕まったりしない?

そこでクレジットカード現金化は違法行為なのか、それとも法律に反するような行為ではなく合法なのかを詳しく見ていきます。

買取方式とキャッシュバック方式の違いによる違法性

キャッシュバック方式は安全で買取方式の場合は逮捕される危険性があるとも言われていますが、実際には両方式ともに逮捕された業者があります。
買取方式で逮捕された事例を簡単に説明すると、買物を装っているだけで実質的にはお金を貸し出しているのと同じである。
貸出を行うには金融業者として登録しなければならないが無許可であったし、購入と買取の価格差を金利として見た場合、法定金利を遥かに超えていると認定されたためです。
逮捕された業者は買い取り額が相当低いなど、かなり目に付く営業を行っていたためとも言われています。
キャッシュバック方式においても出資法違反で逮捕された業者がありますし、方式の違いによる違法性の有無に差は無いようです。

やっぱり現金化は違法行為だと言うこと?

買取方式、キャッシュバック方式に限らず違法だと言い切るまでには至っていません。
クレジットカードを使用して購入した品物の価格と、買い取られたりキャッシュバックしてもらった金額との差を金利として置き換えてみた場合、法定金利を遥かに上回る金利であると見ることもできます。
また東京弁護士会からは実質的には貸金業に該当するとの意見書が出されており、違法行為ではないかとの見方ができます。
しかし利用者側の需要に応じた商行為であるため、限りなく黒に近いグレーであって違法だと言い切ることができないのが現状です。
逮捕された業者の多くはいわゆる換金率が異常に低かったり、また詐欺的な行為を行うなどして目に付いたから、と言うこともできますね。

公安委員会から許可を受けている業者がありますよね

公安委員会とは各都道府県の警察を管理する組織で、この各都道府県の公安委員会から許可を受けた現金化業者が存在しています。
こう書くと現金化という業務に対して認可を受けているように映りますが、あくまで古物商としての許可にすぎません。
キャッシュバック方式になると古物を扱うことはありませんので、この古物商の許可を受けていない業者がありますが、全く問題ないのです。
それよりも、この古物商としての許可を前面に打ち出している業者の方が、ある意味では悪意を感じますよ。

利用者が現金化業者を利用して逮捕されることは?

クレジットカード現金化業者が逮捕された事案は脱税だったり出資法違反容疑です。
脱税は利益を隠して申告したために脱税を問われたのであり、出資法に関しては上限金利をはるかに上回る金利を取っていたという疑いからです。
このためこれらの業者を利用したからと言って、利用者が逮捕されることはまず無いと言えるでしょう。
まだカード会社に所有権があるものを勝手に売却したとして訴えられたり、カード会社を欺くようなカードの使い方をしたとして訴えられる、と言ったことも考えにくいですから。

利用者は安心して現金化業者を利用できるのですね

逮捕と言った面だけを見れば、利用者は安心して現金化業者を利用できるとも言えますね。
ただカード会社の利用規約に違反していると言う事実は忘れないようにしてください。
カード会社では換金目的でのカードの利用を禁止しています。
違反した場合にはそのカードの利用を保留又は停止したり、退会処分を受けることになります。
またショッピングやキャッシングの支払いを一括で請求されると言ったことも行われます。
現金化業者を利用すればカード会社にはバレにくいのは事実ですが、利用した業者が逮捕された場合には、あなたのカードにまで被害が及ぶことに間違いはありません。

以上、クレジットカード現金化って違法行為なの?捕まったりしない...でした。

LINEで送る
Pocket

-現金化コラム

Copyright© ゲンフリ , 2017 AllRights Reserved.