コラム

クレジットカード現金化の仕組みを知りお金を得る方法を学ぶ

投稿日:2017年1月12日 更新日:

生活していると、生活費に困ることもあれば遊ぶお金が欲しいときもあります。
また急遽お金が必要になることも多々あります。
口座にお金があれば引き出せば済むわけですが、お給料日前で引き出すお金が無いときもあります。

クレジットカード現金化の仕組みを知りお金を得る方法を学ぶ

キャッシング枠も使い切っていたときに、そのお手持ちのクレジットカードで現金を作る方法をご存じですか?

クレジットカードでお買い物した物を売る

例えばですが、ご自身でブランド物のバッグを購入します。
新作のバッグならばかなりの金額になるのですが、その購入したバッグをリサイクルショップなどで売るとします。

一般的には購入した金額を上回るほどの売却金額にはなりませんが、それでもかなりまとまった金額になります。
購入の際にクレジットカードを使って支払いを行ったときには、結果としてショッピング枠を使って現金化したのと同じことになりますよね。
このようにクレジットカードのショッピング枠を使って現金化する事を、クレジットカード現金化と呼んでいます。

現金化しやすいものを購入して売却する

あくまで現金にすることを主眼に置いていますので、売却して現金化しやすいものを購入しなければいけません。
先の例ではブランド物のバッグを引き合いに出しましたが、一般的には購入価格も売却価格もはっきりしたものを対象とすることが多いです。
その最たるものとしては、商品券やカード会社などが発行するギフト券、新幹線などの回数券が挙げられます。
購入価格もはっきりしていますし、売却価格も定価の何パーセントかがはっきり示されていますので、現金化を考えた時には最も対象とされやすいものと言えるでしょう。

また最近ではアマゾンギフト券などもその対象となってきているようです。

個人で現金化します?それとも業者に頼んでしまいます?

クレジットカード現金化についてはこれまでの説明である程度お分かりいただけたと思います。
ステップとしては、現金化しやすい品物をクレジットカードで購入する。
買取の率が少しでも高い金券ショップやリサイクルショップを探して売却する。
大まかに言えばこの2点ですので、そう難しいものではありません。

ただし個人でクレジットカード現金化を行う際には、さまざまなリスクを抱えることになります。
次の章以降で詳しく説明しますが、個人でこのような取引を行った場合、最悪の事態ですとクレジットカードの残債一括返済を請求されたり、そのカード会社から退会処分を喰らうこともあるのです。

ただし個人で行えば手数料や経費などを最小限に抑えられるので、最大限の効果(現金)を得ることができるのです。
その反面クレジットカード現金化業者を使えば、このようなリスクはほぼ無くなると言っても過言ではないでしょう。
その代わり手数料などがかさむために、思っていたほどの効果(現金)を得られないと言ったデメリットを抱えているのです。

クレジットカード現金化ってしてる人多いのですか?

クレジットカード現金化と言うことを意識して行っている人は少ないかもしれないのですが、例えばですが、人気が出そうなゲームソフトをクレジットカードで買いこんでおいて、値上がりしたところでオークションに出品して利ザヤを稼いでる人は意外と多くいます。

また人気歌手のライブチケットを買い占めて、チケット売買サイトに出品する人もいますよね。
身近なところでは、お友達数人と食事をしたあとに割り勘で支払う際に、お金を集めた人がクレジットカードで払うのだって変わりはありませんよね。

クレジットカード現金化をはじめから意識して行っている人は少ないかもしれませんが、広い意味でのクレジットカード現金化を行っている人はかなり多いと思います。

以上、クレジットカード現金化の仕組みを知りお金を得る方法を学ぶ...でした。

LINEで送る
Pocket

-コラム

Copyright© ゲンフリ , 2017 AllRights Reserved.